聖書とノストラダムスに乾杯

ツアー中はどうしても教会に入場したり、宗教絵画を案内したりするので、自然と聖書の話に展開してしまうものだ。暫く添乗から離れると聖書の内容も忘れてしまうので、今夜は久々に聖書を手にしてみた。すると面白い聖句を見つけた。

 

ルカ21章11節にはこんな事が書かれている。「大きな地震があり、あちらこちらで食料不足や流行病があります。また、恐ろしい光景や天からの大きなしるしがあります」と。

 

まさに今の世の中の予言か・・・。阪神淡路大震災、東日本大震災、ロシアに落下した隕石、UFOの目撃情報、各地の豪雨災害、新型コロナウィルス。2000年前に書かれた書物の内容が今の状況にぴったり当てはまるのは果たして偶然なのだろうか。

 

ノストラダムスは1999年7月に人類は滅亡すると予言していが、幸か不幸か的中する事はなかった。しかし、2000年以降、いくつかの事変を予知し、的中させているという話もある。

 

ノストラダムスは本当に予知能力があったのか、あるいは聖書の言葉を根拠に、何が起こっても当てはまるような答えを適当に出していたのか。考えてみたらなかなか面白いかも知れない。たまには聖書も読み返してみるものだ。

 

During the tour, I would definitely enter the church and guide religious paintings, so I would naturally go to the Bible story.  I will forget the contents of the Bible if I leave the tour for a while, so I took the Bible for a long time tonight.  Then I found an interesting scripture.

 

 The following is written in Luke 21:11.  "There are big earthquakes, food shortages and epidemics everywhere, and there are terrifying sights and big signs from heaven," he said.

 

 It's a prophecy in the world right now...  The Great Hanshin-Awaji Earthquake, the Great East Japan Earthquake, meteorites falling in Russia, UFO sightings, heavy rain disasters in various places, new corona virus.  Is it just a coincidence that the contents of a book written 2000 years ago fit exactly in this situation?

 

 Nostradamus predicted in July 1999 that humankind would be destroyed, but no luck or misfortune was hit.  However, there has been a story that since 2000, some incidents have been predicted and hit.

 

 Was Nostradamus really foreseeable, or was it based on the words of the Bible and given the right answer that would apply no matter what?  It might be quite interesting when you think about it.  Sometimes I try to read the Bible again.

コメント