ヨーロッパの空気が懐かしい

最後に飛行機を降りたのが3月12日。かれこれ3ヶ月も空を飛んでいないわけだが、最近は妙にヨーロッパの空気が懐かしくって仕方がない。サイゼリアでパスタを食べるとナポリの光景が頭を過り、モーツアルトやヨハンシュトラウスを聴けばオーストリアの光景が浮かんでくる。

 

風呂上りにビールを飲めばチェコを思い出し、クロワッサンを見るとフランスを思い出す。ツアー参加者の方々も同じ様な感覚で募集パンフレットに手が伸びてしまうんだろうか。飛べない状況になって初めて理解出来た感情だ。

 

過去のツアーダイジェストを見返しながら一つ一つのツアーを振り返る毎日で、空を見上げては飛行機雲を探すが、大幅な減便のせいか飛行機雲がない。。こんなところでもコロナの脅威を感じてしまうんだな。

 

今の楽しみは規則正しい節制した生活を維持する事と三食美味しく食事を楽しむ事。これ以上腹が出てこない様に毎日の運動も欠かせない。コロナ鬱予防と称してエビやカニもよく食べる。でも今は狭い機内の決して美味しくはない機内食を映画を観ながら食べたいと思うよ。

コメント