ボケ防止と雨蛙

毎朝の起床は通常であれば午前4時頃。毎朝自然と目が覚めてしまい、どっかに行ってしまったスマホを手探りで探しあて一気にニュースを読み漁る。日の出少し前に神棚の水を入れ替えてから冷蔵庫を開けて朝食のメニューを考える毎日だ。

 

何十年も前に高齢のツアー参加者から「ボケ防止には料理が一番」という言葉が忘れられず、以来可能な限り実践しているのだが、最近は物忘れがポチポチ・・。料理とボケ防止の医科学的根拠ってあるのか??外出時には金庫の鍵、電機やガスの消し忘れ、エアコンのスイッチ等、キチンとしているつもりなのだが、玄関を出た後に「閉めたっけ??」と呟きながらもう一度確認をしたりしているこの頃だ。

 

ツアー中の車内トークでアルツハイマーの話を時々引用する。「痴呆症」や「健忘症」や「ボケ」という日本語を使うと敏感に反応するお客様がいたりするので「世界的な社会問題であるアルツハイマー」という言葉をあえて使うのだ。

 

仕事で激しく脳や体を活動している時から、何も活動しなくなった時のギャップが激しいほどボケていく可能性が高くなると聞いている。正に今の私の状況ではないか・・・。

 

添乗中は常に先々の事を計算しながら、参加者一人一人の動向、表情、言動まで観察しながらツアー全体を仕上げて行くのだが、これは本当に頭が疲れる。毎晩砂糖白湯やチョコレートを食べたものだ。

 

このままでは添乗に復活した時にグループをスムーズに回せなくなってしまうかも知れない。入国審査場に向かうのに乗継ルートに入ってしまったり、人数の数え間違いやレストランでのオーダーミス。。怖い怖い。ボケない為の何かをもっともっと始めようと思う。

 

いい事もある。今日はウォーキング中に体長1センチ程度の雨蛙に遭遇し、可愛すぎて狭い道路を横断するのを最後まで見届けてしまった。田植え時期に忙しなくケロケロ鳴き、人影を察知するとスッと逃げるカエルは嫌いだが、ヴォ〜ッとしてツンツンと触って初めて逃げるカエルは大好きだ。

 

外国ではトカゲや蝶、ネズミやブタに遭遇すると幸運に恵まれると言われているが、雨蛙はどうだろう。きっと何かいい事があるに違いない!

コメント