手洗いと「医食同源」のススメ

コロナ第二波は秋頃に到来すると言われている。そして、いく段にもバージョンアップされたウィルスの致死率は25%を超えるという説が徐々に広がっている様だ。

 

思うのだが、マスクをし続けると免疫能力が下がってしまうのではないだろうか。手洗いは重要だが、ある程度の菌が体内に入ってくる事で人は抵抗力をバージョンアップしていくのだと思う。なので鎌田はスーパー等での普通の生活圏内ではマスクを外しいる。

 

余談となるが、あるシンクタンクが「空港で最も汚い物は何だろうか」と調べたらしい。答えは手荷物検査場の小物を入れるトレーだ。世界中の人が常に触れるトレー。確かに汚い。

 

人が触れる物には、どんな細菌が付着しているか知れないので、日頃から手洗いは欠かさない。だが、マスクはしたりしなかったりだ。花粉の季節や、咳き込んでいる人が近くにいればマスクをするが、それ以外には基本的にはしない。

 

コロナ第二波が来る頃にはマスクに対する考え方も変わっているかも知れないが、どんな予防論も健康である事が大前提なわけだ。「医食同源」という考え方は恐らく中国から伝わって来たのだろう。中国人と付き合ってみると理解できる。中国人の「パワーの源は食にあり」って事だ。

 

蛇やコウモリはご遠慮するが、今夜はピータンでも頂いてみようかな。

 

The second wave of corona seems to arrive around autumn.  Moreover, there is a growing theory that the fatality rate of the updated virus exceeds 25%.

 

 I think.  If you wear a mask, your immune system will decline.  It is important to wash your hands, but as some bacteria enter the body, people upgrade their resistance.  Therefore, Kamata removes the mask in the normal living areas of supermarkets.

 

 A think tank asked, "What's the dirtiest thing at the airport?"  The answer is a baggage inspection tray.  A tray that people around the world always touch.  Certainly dirty.

 

 I don't know what bacteria are attached to things that people touch, so I always wash my hands.  However, the mask is different.  If you have a pollen season or a coughing person near you, put on a mask, but don't basically do anything else.

 

 By the time the second wave of corona arrives, the way you think about masks may have changed, but the main premise is that any precautionary theory is healthy.  I think the idea of "the same source of medical food" came from China.  You can understand it by dating Chinese people.  It means that the source of power of Chinese is food.

 

 I don't eat snakes or bats.  But tonight, let's eat petan.

コメント